プラン説明

ドコモ光の「VDSL方式」「光配線方式」「LAN配線方式」の速度と料金を比較


「ドコモ光のVDSL方式、光配線方式、LAN配線方式のちがいは?」

「料金は速度はどう変わる?」

こう考える人は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光の「VDSL方式」「光配線方式」「LAN配線方式」を比較ました。

 

この記事の内容

  • VDSL方式、光配線方式、LAN配線方式の比較
  • 各配線方式の料金と速度とおすすめプロバイダ
  • その他のよくある質問・注意点

 

【まず結論】ドコモ光の配線方式を比較

 

それでは内容の前に結論からです。

VDSL方式・光配線方式・LAN配線方式のちがいは「マンションの共用部から自宅までの配線のちがい」です。

 

VDSL方式は「電話線」光配線方式は「光ケーブル」LAN配線方式は「LANケーブル」で繫がります。

一方で、ドコモ光からマンションの共用部までの配線は同じです。

 

イメージを図でまとめました。

【マンション共用部から自宅までの配線が変わる】

 

以上の配線方式の違いにより、それぞれ通信速度が変わります。

配線方式別に最大通信速度と実測をまとめました。

【3つの配線方式と通信速度】

配線方式 最大通信速度 実測
VDSL方式 100Mbps 80Mbps
光配線方式 1Gbps 277Mbps
LAN配線方式 100Mbps 100Mbps

 

以上の通り、VDSL方式やLAN配線方式は光配線方式に比べて遅いです。

YouTubeやアマプラなどの動画視聴、アプリのダウンロード、ゲームはどれも問題なく使えて、全て使い放題です。

 

なお、月額料金(4,400円/月)や工事費(16,500円)はどれも同じです。

 

もし、自宅の配線方式が分からない人は、ドコモ光(フレッツ光)のエリア判定から確認してくださいね。

一方で、配線方式はマンションの設備によって決まるので、選択や変更はできません。

 

なお、タイプや配線方式が分からない人は、そのままドコモ光を申し込んでください。

担当者がエリアを確認した上で、自動で手続きしてくれます。

 

最後に、ドコモ光は専用ページからの申し込みで限定キャッシュバックがもらえます。

これから、ドコモ光を申し込む人は、以下リンクから手続きしてくださいね。

 

もり

ドコモ光の限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

 

それでは、具体的に配線方式を調べた結果を見ていきます。

 

ドコモ光のVDSL方式、光配線方式、LAN配線方式を比較

 

ドコモ光には、マンションの設備により3つの配線方式があります。

「VDSL方式」「光配線方式」「LAN配線方式」を比較しました。

 

ちがいはマンション内のネット配線

3つの配線方式の一番のちがいは、マンション内のネット配線です。

VDSL方式は電話線光配線方式は光ファイバーLAN配線方式はLANケーブルを使って、ドコモ光がつながります。

 

それぞれのイメージを簡単にまとめました。

【配線方式ごとのイメージ図】

 

自宅での3つの配線方式の見分け方は?

見分け方は、設置されているコンセントを確認する方法です。

それぞれVDSL方式は「TEL(電話コンセント)」光配線方式は「光コンセント」LAN配線方式は「LANコンセント」が設置されています。

 

コンセントの形と配線方式も図でまとめました。

【コンセントと配線方式】

 

なお、配線方式はフレッツ光のエリア判定サイトからも確認できます。

確認方法は本記事の「配線方式の確認方法」でまとめました。

 

配線方式ごとに変わるのは通信速度

配線方式で変わるのは通信速度です。

VDSL方式やLAN配線方式の最大通信速度は「100Mbps」光配線方式の最大通信速度は「1Gbps」になります。

 

それぞれの配線方式の実測も調べましたので、一覧でまとめました。

以下の通り、光配線方式はVDSL方式やLAN配線方式と比べても速いです。

【通信速度の比較】

配線方式
VDSL方式 光配線方式 LAN配線方式
最大通信速度 上り 100Mbps 1Gbps 100Mbps
下り
実測(利用者の平均) 88.1Mbps 277Mbps 91.2Mbps

※実測は下りのみ

 

VDSL方式やLAN配線方式でも動画は見れる?

VDSL方式やLAN配線方式でも動画は見れます。

各動画サービスの必要速度は4~40Mbpsで、VDSL方式やLAN配線方式の実測が大きく上回るからです。

 

動画サービスの必要速度と、VDSL方式やLAN配線方式での視聴可否も調べました。

【動画サービスの必要速度と視聴可否】

動画サービス 必要速度 視聴可否
Netflix(UHD) 25Mbps
dTV(HD) 4Mbps
Amazonプライムビデオ(高画質) 40Mbps
YouTube(4K) 20Mbps
FPSゲーム 30Mbpsくらい

 

全ての配線方式でIPv6やv6プラスに対応

配線方式にかかわらず、IPv6やv6プラスの高速通信に対応します。

IPv6やv6プラスの切り替えはプロバイダが実施するので、配線方式は関係ないためです。

 

つまり、どの配線方式でも時間帯に関わらず安定した通信ができます。

実際の利用者も、IPv6やv6プラスを使えています。

 

料金や工事費は全て同じ

料金や工事費も全の配線方式で同じです。

ドコモ光のマンションの料金や工事費になります。

【料金や工事費は全て同じ】

配線方式
VDSL方式 光配線方式 LAN配線方式
月額料金 タイプA 4,400円
タイプB 4,600円
単独タイプ 4,180円+プロバイダ料
工事費
派遣あり 16,500円(※1)
派遣なし 2,200円(※2)
初回事務手数料
3,300円

※1:お客様宅の設備状況により8360円となる場合あり(工事担当者が伺った際に判明)
※2:申し込み後に派遣あり/なし判定(基本的には派遣あり)
※3:全て税込表記

 

VDSL方式とLAN配線方式はドコモ光テレビオプションが利用不可

ドコモ光テレビオプションは、VDSL方式とLAN配線方式は使えません。

理由は、VDSL方式はLAN配線方式はドコモ光テレビオプションに必要な光信号が、自宅に届かないためです。

 

VDSL方式やLAN配線方式でテレビを見たい人は、アンテナを設置するかひかりTV for docomoを申し込んでくださいね。

なお、ドコモ光電話はどの配線方式でも使えます。

 

配線方式は選べる?

基本的には選べません。

配線方式はマンションの設備で決まるからです。

例えば、マンションの設備が電話線ならVDSL方式ですし、光ケーブルなら光配線方式です。

 

以上が、ドコモ光の配線方式の比較でした。

 

もり

配線方式により最大通信速度が変わりますが、料金や工事費は同じです。

どの配線方式でも動画サービスは問題なく視聴できます。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

自宅のVDSL方式、光配線方式、LAN配線方式の確認方法は?

 

自宅の配線方式は「フレッツ光のエリア判定サイト」から確認できます。

東日本エリアと西日本エリアに分けてまとめました。

 

東日本エリアの配線方式の確認方法

東日本エリアの確認方法は、NTT東日本のフレッツ光公式サイトからです。

3ステップ解説します。

【東日本エリアの配線方式の確認方法】

  1. フレッツ光東日本のエリア判定ページへ移動
  2. 郵便番号と住所を入力する
  3. 自宅のマンションと部屋番号を選んで確認

 

光配線方式の人(東日本)

光配線方式の人は「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」と表記されます。

【光配線方式の人の確認結果(NTT東日本)】

 

VDSL方式かLAN配線方式の人(東日本)

判定結果で「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」と表記されなかった人は、VDSL方式かLAN配線方式になります。

VDSL方式からLAN配線方式のどちらかは、結果からは分かりません。

 

西日本エリアの配線方式の確認方法

西日本エリアは、NTT西日本のフレッツ光公式サイトから確認できます。

4ステップで確認方法をまとめました。

【西日本エリアの配線方式の確認方法】

  1. フレッツ光西日本のエリア判定ページへ移動
  2. マンションを選択肢、郵便番号を入力
  3. 住所を選択する
  4. 判定結果を確認する

 

光配線方式の人(西日本)

光配線方式の人は「フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」と表記されます。

【光配線方式の人の確認結果(NTT西日本)】

 

VDSL方式かLAN配線方式の人(西日本)

VDSL方式かLAN配線方式の人は「フレッツ 光ネクストマンションタイプ(VDSL方式)※一部LAN配線方式のマンションを含みます」と表記されます。

【VDSL方式かLAN配線方式の人】

 

以上が、ドコモ光のエリア判定と配線方式(マンションタイプ)の確認方法です。

 

エリア判定が分からない人は、限定特典サイトから直接申し込みしてください。

担当者がエリアを確認した上で、申し込み手続きしてくれます。

 

もり

どの配線方式でも問題なく使えますが、気になる人は事前にフレッツ光の公式サイトからエリア判定してくださいね。

 

 

 

VDSL方式・光配線方式・LAN配線方式におすすめのプロバイダは?

 

VDSL方式・光配線方式・LAN配線方式に対応したプロバイダと、おすすめを調べてまとめました。

 

全23社のプロバイダが各配線方式に対応

ドコモ光では全23社のプロバイダが、各配線方式に対応します。

なので、以下のプロバイダの中から、好きなプロバイダを選んでくださいね。

【全23社のプロバイダがマンションに対応】

タイプ プロバイダ名
タイプA
(全18社)
GMOとくとくBB/ぷらら/@nifty/BIGLOBE/ドコモnet/DTI/Tigers-net/エディオンネット/andline/BB.excite/IC-net/楽天ブロードバンド/hi-ho/TiKiTiKi/SYNAPSE/COARA/@ネスク/SIS
タイプB
(全6社)
OCN/AsahiNet/@TCOM/WAKWAK/ちゃんぷるネット/TNC

 

おすすめは一番人気の「GMOとくとくBB」

おすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

ドコモ光で一番人気のプロバイダで、通信速度も一番速いです。

プロバイダ GMOとくとくBB
実測(下り) 300Mbps
(第1位/23社)
顧客満足度 第1位/23社
v6プラス 対応済 無料ルーター
スペック
1733Mbps
(最高性能)
マンション
月額料金
4,400円/月
タイプA
キャッシュバック 20,000円
人気度 第1位/23社 公式特典 新規工事無料
dポイント付与

 

もり

GMOとくとくBBは、全23社のプロバイダを比較した上で一番お得でした。

比較結果は、以下の記事でもまとめています。

 

 

 

 

ドコモ光のVDSL方式・光配線方式・LAN配線方式の申込方法

 

申し込みは、Webの限定特典サイト経由がお得です。

 

【手順1】Webから登録申請

まず、ドコモ光の限定特定サイトからWeb手続きします。

以下のリンクから専用ページへ移動してくださいね。

⇒【ドコモ光】限定特典サイト

 

移動後の右上の「お申込み」から、Web手続きします。

なお、Webで入力するのは、携帯番号、メールアドレス、氏名と住所のみです。

この段階では、契約完了ではありません。

 

【手順2】折り返しの電話で契約

Web登録が終わると、折り返しの電話があります。

こちらの、折り返し電話で内容を聞いて、ドコモ光の契約になります。

 

なお、電話の内容は、料金、特典、工事、今後の段取りについてです。

分からないことがあれば、この電話で質問することも出来ます。

 

内容を聞いて、問題なければ契約しましょう。

後ほど工事の日程も確認します。

 

【手順3】開通工事と接続

契約が終われば、宅内工事とドコモ光の開通と設定になります。

公式サイトに簡単なイメージがありましたのでご紹介しておきます。

【ドコモ光の工事と開通・設定】

※引用元:ドコモ光 工事の前にご確認いただくこと

 

光回線導入済みのマンションは、工事業者が派遣しないこともあります。

ただし、派遣/無派遣の判定は申し込みするまで分かりません。

 

【手順4】Wi-Fi設定

工事が終われば、ルーターとパソコンやスマホのWi-Fiを設定します。

手順を3ステップでまとめましたが、3分くらいで終わります。

【Wi-Fi設定(スマホとパソコン共通)】

  1. Wi-Fi設定画面を開く
    ・パソコン:「(Wi-Fi)」マークをクリック
    ・スマホ:「(設定)」から「Wi-Fi」をONする
  2. Wi-Fi設定画面からルーターの「SSID」を選ぶ
  3. ルーターの「パスワード」を入力

 

以上が工事と開通設定で実施する内容になります。

この設定が終わればドコモ光は使えますが、設定に自信が無い方は電話のときに相談してくださいね。

 

もり

以上が、ドコモ光の申し込みから開通でした。

Web手続きは以下のリンクから。

 

ドコモ光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

 

もり

ここからは、VDSL方式・LAN配線方式・光配線方式の内容をさらに詳しく見ていきます。

 

ドコモ光の「VDSL方式」とは?

 

VDSL方式とは、電話線(モジュラーケーブル)でドコモ光を使うやり方です。

また、ドコモ光導入済みほとんどのマンションは「VDSL方式」です。

 

VDSL方式の工事内容は?

配線は、ドコモ光からマンションの共用部まで「光ファイバー」でつなぎ、共用部から自宅まで「電話線」でつなぎます。

工事は、マンション共用部にある配電盤の確認と、VDSLモデムの設置です。

 

VDSLの仕組みを図でかんたんに描きました。

【VDSL方式の工事と配線内容】

 

宅内ではVDSLモデムとルーターをつなぐ

宅内では、VDSLモデムの設置とルーターをつなぎますが、Wi-Fi設定は自分で実施します。

VDSL方式の宅内工事と接続イメージを図でまとめました。

【VDSL方式の工事と接続のイメージ図】

 

最大通信速度は100Mbps、実測は80Mbps

VDSL方式の最大通信速度は100Mbpsです。

実測はTwitterの口コミを8件調べたところ、全において80Mbpsくらいの通信速度でした。

 

つまり、動画やアプリのダウンロードを安定してストレスなく使えます。

もちろん、無制限で使い放題です。

【VDSL方式の実測を調べた結果】

ツイート
(情報元)
実測
(下り/Mbps)
Tweet1 96
Tweet2 91.1
Tweet3 92.2
Tweet4 86
Tweet5 82.2
Tweet6 82.9
Tweet7 82.9
Tweet8 91.4
平均 88.1

 

VDSL方式の口コミ評判は?

コメントはほとんど同じで、VDSLだけど80Mbpsくらいで、十分な通信が出来るとの口コミです。

3つのコメントをご紹介します。

 

もり

ドコモ光はVDSL方式でも問題なく使えます。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

ドコモ光の「光配線方式」とは?

 

光配線方式は、光ファイバーでドコモ光を使う方法です。

ドコモ光導入済みマンションの一部は、光配線方式を使っています。

 

光配線方式の工事と配線の内容は?

配線は、ドコモ光から自宅まで全て光ケーブルで繫がります。

光ケーブルでつなぐので、VDSL方式やLAN配線方式よりも最大通信速度が速いです。

 

光配線方式のイメージを図で書きました。

【光配線方式の工事と配線内容】

 

宅内ではONUとルーターをつなぐ

宅内では、ホームゲートウェイ(ONU)の設置し、ルーターとつなぎます。

ホームゲートウェイ(ONU)とは、光信号を電気信号(LAN)に変える装置です。

 

接続のイメージを図でまとめました。

【光配線方式の宅内の接続イメージ】

 

最大通信速度は1Gbps、実測は277Mbps

光配線方式の最大通信速度は、戸建てと同じ1Gbpsです。

実測は下りで277Mbpsなので、VDSL方式やLAN配線方式のおよそ3倍の速度です。

 

もちろん、動画やアプリ、その他インターネットサービスをストレスなく使えます。

【光配線方式の実測】

  • 上り=217Mbps
  • 下り=277Mbps
  • Ping=18ms
時間帯別の通信速度はここをタップ
時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
226 311 18
218 283 18
夕方 211 262 18
205 228 21
深夜 227 302 18
1日平均 217 277 18

 

光配線方式の口コミ評判は?

実際の口コミは2件見つかりました。

2人とも実際の速度をコメントしていますが、どちらもとても速かったです。

 

以上が、ドコモ光の光配線方式の解説です。

 

もり

光配線方式は、ドコモ光で一番速度が出る方式です。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

ドコモ光の「LAN配線方式」とは?

 

LAN配線方式とは、共用部からの配線がLANケーブルになる方式です。

ドコモ光導入済みマンションで、LAN配線方式を使うところはほとんどありません。

 

LAN配線方式の工事と配線の内容は?

LAN配線方式の配線は、ドコモ光からマンション共用部まで「光ファイバー」共用部から自宅まで「LANケーブル」になります。

 

工事は基本的にありません。

自宅にあるLANコネクタとルーターを、LANケーブルでつなぐだけです。

 

ドコモ光の光配線方式とLAN配線方式を図で描きました。

【LAN配線方式の工事と配線内容】

 

宅内ではLANケーブルとルーターをつなぐ

宅内では、LANケーブルとルーターをつなぎます。

ONUやモデムの設置は基本的にありません。

 

接続のイメージを図でまとめました。

【LAN配線方式の宅内の接続イメージ】

 

最大通信速度は100Mbps、実測も100Mbps前後

LAN配線方式の最大通信速度は100Mbpsです。

口コミから実測も調べましたが、だいたい100Mbps前後でした。

 

100Mbpsであれば、VDSL方式と同じように動画やアプリのダウンロードも安定して使えるので、困ることはないです。

実際の口コミも引用します。

 

ただし、LAN配線方式の導入マンション自体少なく、口コミも少ないので参考程度にとどめてくださいね。

以上が、LAN配線方式のまとめです。

 

もり

LAN配線方式でもドコモ光は問題なく使えますね。

 

\このページで限定キャッシュバック!/

<ドコモ光:特典サイト>

 

 

 

 

VDSL方式、光配線方式、LAN配線方式のよくある質問

 

最後に、よくある質問をまとめました。

 

【Q1】選択や変更はできる?(VDSL方式から光配線方式など)

どうしてもVDSL方式から光配線方式など、配線方式を変更したい人は一度大家さんとドコモ光へ相談してみてください。

実際に、配線方式を変更できた人もいました。

 

【Q2】VDSL方式やLAN配線方式の人は戸建てに変更できる?

低層階(おおよそ1階〜3階)であれば、電柱から自宅へ配線を引き込める可能性があります。

実際の口コミを見ましたが、速度変更の手続きで導入可能なケースがありました。

 

一方で「3階以下なら使えるものの、電柱が遠くてダメだった」ケースもあるようです。

 

つまり、最終的な変更可否は問い合わせてみないと分かりません。

戸建てへ変更したい人は、一度ドコモ公式へ問い合わせてみてください。

 

【Q3】工事不要や無派遣工事になる?

実際に申し込みをしないと分かりません。

光回線(光コンセントあり)やLAN配線方式(LANコンセントあり)は、工事不要になるケースが高いです。

 

一方で、VDSL方式は、電話回線(モジュラージャックあり)があっても工事が必要です。

ただしこちらも、前の居住者が工事済みの場合は工事不要になることがあります。

 

どうしても申し込み前に確認したい人は、一度ドコモ光に問い合わせてください。

ただし問い合わせ後はそのまま申し込みをせず、限定特典サイトから手続きした方がお得です。

 

もり

以上でよくある質問と注意点のご紹介を終わります!

 

 

 

【まとめ】ドコモ光の配線方式

 

最後にまとめです。

この記事では、ドコモ光の配線方式を比較しました。

改めて、ポイントを整理します。

この記事のまとめ

  • 配線方式で通信速度が変わる
    ・VDSL方式:100Mbps
    ・光配線方式:1Gbps
    ・LAN配線方式:100Mbps
    どの方式でも問題なく使える
  • 全てマンションの料金
    ・月あたり4,400円
  • 配線方式はフレッツ光公式サイトで確認できる
  • おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」

 

以上です。

 

最後に、ドコモ光は専用ページからの申し込みで特典があります。

具体的には、工事無料、キャッシュバック、無料ルーター、dポイント付与で、初期費用を大きく節約できます。

 

もり

これから申し込む人は、以下のリンクから手続きしてくださいね。

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の新規申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<キャッシュバック専用の申込みページ>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

調べた結果は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

参考サイト(外部リンク)

 

 

-プラン説明